未分類

睡眠は大病を避ける!

睡眠って、大きな病気を寄せ付けなくする

脳内って、とっても多くのエネルギーを使います。

一説によると、脳は全体の2%程度の重量しかないのに

身体全体の18%程度の糖を使用すると言われております。

これだけエネルギーを使うと、当然ですが代謝産物もたくさん出ます。

代謝産物って、要するに脳が活動した後に残るゴミみたいなもの。

狭い脳の中にゴミが溜まると・・

身体に良い訳はないですよね?

頭の中の大掃除

睡眠って、脳の中の大掃除をおこなってくれます。

眠っている間に脳は少し小さくなって、

脳内を体液が流れやすい状況になります。

脳の細胞と細胞の間を、

お掃除係のタンパク質や白血球の類が通過することで

ゴミ掃除をしてくれます。

大掃除のスイッチが発動するには?

では!その大掃除のスイッチを入れるには

どうすれば良いのでしょうか?

このスイッチが「質の良い睡眠」なんです。

脳が完全に睡眠すると、脳は機能を低下させて少し縮みます。

例えば、筋肉って使っている時の方が大きいですよね?

脳も全く同じで、特に入眠して最初の3時間程度は

完全オフとなり、縮みます。

この「質の良い睡眠」が起きると脳の大掃除スイッチが発動し

BDNF(ブレインドリブドニューロトピックファクター)など、お掃除タンパク質が活躍するシステムとなっております。

毎日の睡眠の質をよくしましょう!

結論!毎日の睡眠の質を良くしましょう。

特に最初の3時間!

「環境要因をしっかり整える」

「身体も寝る準備をする」

「眠るのに必要な臓器に働きかける」

様々な病気を避ける

一番根本的な手段がこれなんです。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

TOP